NoSQLデータベースの採用と、イベント駆動型の処理エンジンにより大量データの活用をサポート

NoSQLデータベースによる大量データ処理

秒単位で大量に発生するデータを処理するため、「Toami」ではデータの格納および取得が高度に最適化されたNoSQLデータベースを採用しています。このため機器から止めどなく発生する大量データをストレスなく処理し、活用することが可能です。

イベント駆動型の処理エンジンによるリアルタイム処理

センサー機器から送信される大量データの内容をToamiイベント駆動型エンジンがリアルタイムに監視いたします。受信したデータを分析してアラートを上げる、または機器を制御するなどの仕組みを容易に構築可能です。

センサー・機器類のデータを、Toamiのイベント駆動型の処理エンジンにより、ユーザなどにアラートを通知する例図

問題解決を迅速化する検索エンジン

Toami検索エンジンは「Tag機能」により機器から取得したデータだけでなく、お客様の業務データやSNSなどのインターネット上のデータなどを関連付けて1回の検索でデータを取得することが可能です。

センサーから発生する大量データをNoSQLデータベースでスムーズに処理する図

新着情報

ニュースリリース

IoT人材大募集特設ページ公開


展示会

JAPAN IT Week 春

開催日
2016年5月11日(水)~ 13日(金)
10:00~18:00
場所
東京ビッグサイト
主催
リード エグジビション ジャパン株式会社

セミナー

IoT DAY 2016

講演日
2016年3月10日(木)
13:15~18:00
場所
青山ダイヤモンドホール B1F
主催
日本システムウエア株式会社

展示会

IoT Japan 2015

開催日
2015年9月30日(水)~ 10日2日(金)
10:00~17:30
場所
東京ビッグサイト
主催
日経BP社

業種から活用例を探す


ページの先頭へ戻る