千葉県富津市とNSW、防災見守りのIoT実証実験を共同実施
~登山者見守りや避難行動の実態把握にLPWAを活用~

2018年3月15日

千葉県富津市とITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、富津市が推進する防災見守りの取組みに協力し、NSWのIoTクラウドプラットフォーム「Toami」とLPWA(※)を活用した実証実験を実施しました。

近年、国内では、登山遭難者数の増加や自然災害をきっかけに防災意識が高まっており、富津市では登山者の見守りや避難住民の実態把握の方法について検討していました。そこで、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社が提供する、低消費電力で長距離伝送が可能なソニーのLPWA技術とIoTサービスを開発・構築するためのプラットフォーム「Toami」を用いて、富津市における下記の実証実験2件を実施しました。

1 登山者の遭難防止を目的とした見守り実証実験(2017年9月実施)
富津市の鋸山山頂にLPWA受信機を1台設置し、山全体をカバーするプライベートLPWAエリアを構築。実証実験では、そのエリア内にいるLPWA送信機を持った登山者の現在位置が、受信したデータから確認できるかどうかの検証を実施

2 地震・津波防災訓練での避難行動の実態把握実証実験(2017年11月実施)
富津市と内閣府が共同で実施した地震・津波防災訓練と併せて、地震発生後の5分間で海抜10mの高さまで避難できるかどうかの調査を実施。建物屋上にLPWA受信機を設置し、参加住民にLPWA送信機を持っていただき、位置情報を3分毎に取得して避難行動の実態を把握

実証実験のイメージ


住民が自宅から避難場所まで向かう時刻と経路を取得


避難訓練計画マップ

LPWA受信機

以上の実証実験から、富津市では、登山者の予期せぬ登山ルートや危険エリアへの立ち入りの可能性、住民の避難導線の傾向、より良い誘導経路の発見といった情報が得られました。また、NSWでは、ソニーのLPWA技術活用による広範囲な受信エリアにより、少ないコストで登山者の見守りや地域をまたいだ子供や高齢者の見守りなど、新たなIoTサービス実用化に向け前進することができました。

今後は、実証実験で得たデータや住民の方々からの声をもとに市民や観光客への見守りIoTシステム提供の検討を進めていきます。

※LPWA:「Low Power, Wide Area」の略称で、低データ量を扱うIoT用途で大きな需要が見込まれる低消費電力かつ広域通信を可能とする通信技術

千葉県富津市について

富津市は、房総半島の中西部東京湾側に位置し、南北40キロメートルに及ぶ海岸線と、緑豊かな鹿野山や、切り立った崖の鋸山など、海や山に囲まれた自然豊かなまちです。自然と産業が調和した快適な生活環境で、人々のつながりが広がり、安全安心な子育てができる暮らしやすいまちを目指しています。

お問い合わせ先

サービス内容に関するお問い合わせ窓口

NSW(日本システムウエア株式会社) ITソリューション事業本部
ビジネスイノベーション事業部 担当:大野、金丸

TEL:03-3770-0017  FAX:03-3770-0018

E-mail:ml-iot@gw.nsw.co.jp

関連リンク

新着情報

ニュースリリース

セミナー・展示会

「JAPAN IT Week 秋」出展のご案内

講演日
2018年10月24日(水)~26日(金) 10:00~18:00
場所
幕張メッセ 4~7ホール
主催
リード エグジビション ジャパン株式会社

マカフィー主催「IoT Security OEM Partner Forum」講演のご案内

講演日
2018年7月26日(木)13:30~19:00
場所
ホテルオークラ東京
主催
マカフィー株式会社

国際モダンホスピタルショウ2018

講演日
2018年7月11日(水)~13日(金) 10:00~17:00
場所
東京ビッグサイト 東5ホール NTTブース内(ブース番号:F-124)
主催
一般社団法人 日本病院会 / 一般社団法人 日本経営協会

「IoT Technology WEST 2018」 出展のご案内

講演日
2018年7月5日(木)~6日(金) 10:00~17:00
場所
グランフロント大阪 コングレコンベンションセンター(ブース番号:J-02)
主催
一般社団法人 組込みシステム技術協会

業種から活用例を探す


ページの先頭へ戻る