NSWのToami、パナソニック製品のグローバルIoTサービスを支援

高輝度プロジェクターの遠隔予兆監視システムに採用

2017年2月9日

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、パナソニック株式会社の高輝度プロジェクターの遠隔監視システムに、IoTクラウドプラットフォーム「Toami(トアミ)」が採用されたことを本日お知らせいたします。

このたびToamiが採用されたパナソニック製高輝度プロジェクターは、大規模会場でのプロジェクションマッピングなど公共性が高くミッションクリティカルな場面で幅広く利用され、長時間の使用に耐えうる高い信頼性が求められる製品です。

NSWでは2015年よりパナソニックのサービス部門と連携し、同製品のIoT化に取り組み、プロジェクター本体の稼働状況や自己診断情報などのデータをToamiに収集し、リアルタイムで故障の予兆などが検知できる遠隔監視システムの構築を支援してきました。

本システムでファンの異常やランプの交換時期などが把握できるようになり、コールセンターやオンサイトサポートと連携したことにより、出戻り工数の削減やダウンタイムの極小化、余裕を持ったメンテナンスが可能になりました。稼働開始から約1年が経過した2017年1月現在、本システムは世界19か国に展開されており、総接続台数は300台を超えています。

■本システムにより深刻なエラー回避が出来た事例 ・英国の鉄道駅にて乗客への案内情報をプロジェクターで投影
本システムでファンのエラーを検知し、管理センターから連絡を受けたサービスマンが駆けつけ修理を実施。投影不可能な状態になるのを阻止し、乗客に影響を与えることはありませんでした。
・結婚式場で映像投影に利用
2台のプロジェクターを使って一枚の大画面を投影していましたがズレが発生。遠隔監視により原因を特定した結果、プロジェクターとは直接関係のない他社の周辺機器が原因であることが分かり速やかに復旧し、一生に一度の晴れ舞台で無事に投影することができました。

■Toamiが採用されたポイント
・スモールスタートかつ最短でPoCを開始できる。
・自主開発ができ、継続的な改修や将来の拡張も容易にできる。
・多数のキャリアと提携し、グローバルで回線接続の実績がある。
・多数のゲートウェイ端末メーカーと提携しており、グローバルで利用できる端末の選択肢が多い。
・ビッグデータを解析するツールがある。
・日本国内で充実したサポートを受けることができる。

NSWは今後も革新的なIoTクラウドプラットフォームを提供し、お客様の事業価値向上の実現に努めてまいります。

システム構成のイメージ

お問い合わせ先

サービス内容に関するお問い合わせ窓口

NSW(日本システムウエア株式会社) ITソリューション事業本部
ビジネスイノベーション事業部 担当:大野

TEL:03-3770-0017  FAX:03-3770-0018

E-mail:m2m@list.nsw.co.jp

関連リンク

新着情報

セミナー

IoT Day 2017

講演日
2017年3月14日(火)
13:00~17:45
場所
東京コンファレンスセンター・品川 5F 大ホール
主催
日本システムウエア株式会社

展示会

2017 Japan IT Week 関西「第1回 関西IoT/M2M展」

開催日
2017年2月15日(水)~17日(金)
10:00~18:00
場所
インテックス大阪
主催
リードエグジビションジャパン株式会社

ニュースリリース

IoT人材大募集特設ページ公開


展示会

JAPAN IT Week 春

開催日
2016年5月11日(水)~ 13日(金)
10:00~18:00
場所
東京ビッグサイト
主催
リード エグジビション ジャパン株式会社

セミナー

IoT DAY 2016

講演日
2016年3月10日(木)
13:15~18:00
場所
青山ダイヤモンドホール B1F
主催
日本システムウエア株式会社

業種から活用例を探す


ページの先頭へ戻る